“ 学校は 楽しいところ さくら咲く ”

校長 遠藤 浩

田尻さくらは,平成20年4月に創設され,10年目を迎えました。多様な学
習歴や進路意識をもつ生徒に対応できる学びの場にしようというコンセプトで
生まれた昼夕間開講型単位制高校です。
学校の玄関を入ると明るい大ホールが広がり,地域の方々も参加する作品展
示がある地域交流の場,さくらギャラリーがあります。
田尻さくらは,県北部の田園風景が広がる自然豊かな大崎市田尻にあり,晴
れた日には,遠く蔵王,船形,栗駒など宮城を代表する山なみを望むことがで
きます。季節を織る加護坊山の桜,黄金の穂波,ラムサール条約の蕪栗沼と冬
の水鳥たち。田尻は,農業と福祉と人のつながりを大切にしているまちです。
私たち職員は,生徒一人ひとりが,恵まれた風土のもと,自由で暖かな雰囲
気の中で落ち着いた生活を送り,他者への信頼を取り戻し,改めて日々のすば
らしさに気づいてほしいと願い,一丸となって取り組んでおります。
単位制の特徴を生かしながら,十分な時間をかけて,自分の道を見つけ,新
たな希望に向かって努力を重ね,上級学校や社会に歩を進め,広く社会に有為
な人となることを目指して教育しております。また,科目履修制度を利用した
大勢の社会人の方も一般生徒と机を並べ学んでいます。
部活動は,ありません。授業への参加を第一に考えている学校です。学校行
事は,明るく元気な自治会やボランティアの生徒によって支えられています。
時が過ぎると,いつの間にか大きな家族のような気がするところです。
創設の趣旨を御理解いただき,今後とも御支援のほど,よろしくお願いいた
します。