10月19日(木)5,6校時本校体育館にて,田尻さくら高校開校10周年を記念し,津軽三味線奏者の浅野祥さんと和太鼓鳴り物奏者の三浦公規さんをお招きし,和の共演が開催されました。

 会場は本校生徒,保護者,職員をはじめ,沼部小学校4~6年生の児童の皆さん,近隣の一般のお客様など500名を超える人で埋め尽くされました。

 オープニングセレモニーでは,開校からの様々な写真や動画を集めたスライドショーで10年を振り返りました。

 記念公演では民謡やアルゼンチンの曲などを披露していただき,時には子どもたちが知っている音楽のワンフレーズを弾いていただき会場中が盛り上がりました。また,津軽三味線を初めて聞く児童生徒たちも楽しめるように,津軽三味線の聴き方を教えていただきました。「同じフレーズをしつこく何度も弾いているときは拍手をお願いします。すごいと思ったら演奏中でも拍手が沸き起こるのが津軽三味線の演奏です!」と伝授され,何度も大きな拍手が会場中に響き渡りました。和太鼓の力強い音と三味線の繊細かつ,力のある音のコラボレーションに多くの人が魅了され,心に刻まれる素晴らしい記念公演となりました。

 この10周年を節目とし,田尻さくら高校は新たな10年に向けてさらなる発展を目指し,歩んでいきます。