6月9日(木)
さくら生活安全講話~ネット被害未然防止対策講演会~が行われました。
宮城県警察本部生活安全部生活環境課から髙世諒太氏をお招きし,講演をしていただきました。
インターネットのマナーやルール,スマートフォン依存症の危険性などを話していただきました。
身近な事柄だっただけに,生徒たちも興味を持って講演を聞いていました。

生徒の感想
「個人情報や身近な人の情報を守るためにも,しっかりと危機管理能力を持つということは大切なのだと改めて感じました。私自身はSNSをあまり利用しないですし,心配性なので自分が発言したことを見せる範囲も最小限に設定しているので,少し安心しながらお話を聞いていました。これからも油断せずに,個人情報をしっかり守っていこうと思います。」(3年次 女子)

「私もSNSを使用しているので,自宅警備をしている方たちに攻撃されないように気を付けたいと思いました。自宅警備員の人たちは本当に怖いのでバカッターみたいには絶対になりたくないです。情報モラルや情報リテラシーをしっかり守って正しく使用したいと思います。」(2年次 女子)

「ツイッターで実際炎上したつぶやきを見たことがあります。そのつぶやきを消したとしても誰かがスクショして,また別のところで載せていたりとあったみたいなので,小さなことでもつぶやく時は気を付けていきたいと思います。」(1年次 女子)

 

 

CIMG0006 CIMG0010_001 CIMG0003 CIMG0004